スポンサーリンク

PS4『巨影都市(きょえいとし)』|評価 感想 レビューまとめ

PS4『巨影都市(きょえいとし)』 PS4
この記事は約1分で読めます。

バンダイナムコエンターテインメントより2017年10月19日発売のPS4用ソフト「巨影都市」の評価・感想・レビューまとめです。

「巨影都市」は、『ウルトラマン』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』『ガメラ』『機動警察パトレイバー』『ゴジラ』シリーズなどから様々な巨影が登場し、その生きた脅威の中を生き抜くサバイバルアクションアドベンチャーゲームです。

「巨影都市」をプレイしようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

実際にプレイされた皆様の評価感想を募集していますので是非コメントください!!

---------スポンサードリンク---------


 

みんなの評価・感想

皆様のプレイした評価や感想のコメントください!!

レビューの平均:  
 27 レビュー
by 唐揚げ君 on

最高のネタゲー

グラフィックは特に気にならない。

むしろ丁度良い、最近のゲームは綺麗になり過ぎている。

ストーリーは敢えて浅く作っているのだろう、内容があれだけに

不満があるとすれば、アクションがもう少し欲しかった。

by クソゲー都市 on

星1もつけたくないクソゲー。

by ととろ on

ゲームの内容だけ見たら面白そうだったけどあまりにもグラフィック酷すぎで糞つまらなすぎで開始10分で終了して速攻売ってきた。

by 屯田兵 on

色んな版権キャラが登場する、以外に評価できるところがない。

その版権キャラも本当にただ出てくるだけ、適当な背景に置き換えても何ら影響がないレベル。

異なる版権キャラ同士での絡みなんかもない。



また、何でこんな怪獣たちが普通の世界に出てきてるのか?という一番気になるであろう部分がエンディングで明かされるが、その明かし方はなんとモノローグによる文章だけである。

またその理由もあまりにもトンデモな感じで「なるほどこの理由ならこんな事態になったのも腑に落ちる」とはならず「シナリオ担当が真面目に考えるのを諦めて強引にくっつけたな」というのが見え見えな超展開でのこじつけである。

ついでに言うならそんな強引なこじつけをした割に「その理由だとしてもここでこうなるのはやっぱりおかしいじゃん」という矛盾点は散見される。



作中で「ゲーム作るのは大変」「予算や納期が足りなくてきつい」みたいなメタネタを示唆するイベントがあったが、そんなもの消費者には関係がない。

消費者が求めているのは「金額に見合う面白さのゲーム」である。

同情買うような愚痴を漏らして出来の悪さに目を瞑ってくれ、なんてメッセージを言い訳するようではプロ意識すら欠けていると思わざるを得ない。

潤沢な予算や納期を貰えない事業なんてどこにでもある。それでもその範囲内で出来る最善の仕事をやって見せている世の多くの企業に申し訳ないとは思わないのだろうか。

by 三崎ぺにたろう on

本当にストレスがたまるゲーム

カメラ操作くそ

画質くそ(ps4なのに

ゲームシステムくそ

ロードが長すぎ

開発者はしっかりとした消費者のマーケティングはやっていたのだろうか

お金と時間の無駄でした

by 千維 on

内容は薄めだが、 アクション操作は容易。そういうのが苦手って人でも安心。

巨影達はあくまで「背景」なので、「ウルトラマンはこんな戦い方しない!」

などと熱くなってはいけない。「自分の間近で○○が戦ってる!」と憧れと

夢に浸るぐらいが丁度良いのかも。

あとはアホな選択肢とコスプレを楽しむ。

by うなっしー on

面白には面白いのだが、いちいち噛んでくる武藤が腹立つ。

殴り合いでもしたらいいのに、□ボタンで回避しかできない。これならまだ絶体絶命都市の方が面白い。

by チー on

設定がいいだけに内容があまりにも酷すぎた。過去様々なゲームをしたがこれほど酷いものは初めて。当分バンダイナムコのゲームはやりません

by プレイヤーA on

バカゲーらしい選択肢と巨影の再現度は気に入ったが、操作性とカメラワークの悪さがゲームテンポを悪くしている。また巨影が生きている脅威ではなくルーチンを繰り返すプログラムとなっていたこと、章ぶつ切りによる没入感のリセット、巨影の足下を生きる等身大の人間の物語とは言い難いストーリーとゲームの面白さについては首を傾げる。やり込み要素が少ないのもマイナス。二週でトロフィーコンプ出来てしまった。



総じて期待が先行し過ぎたゲームと言える。正直フルプライス払うには少々勿体ないと感じてしまう作品。

by ライゾウ on

余りにも酷い

期待が大きすぎたのも原因か

by てんじん on

悪くはないがこれ以上の面白いゲームはたくさんあるから埋もれてしまうってイメージ

色々な意味を含めて面白いけど、面白いという感情を他の悪い点のせいで塗りつぶされてしまっている

グラは別に重視しないから構わないが、処理落ちだけはいただけない

せっかくの迫力や緊迫感が処理落ちするだけで損なわれる

同じ理由で操作性の悪さもいただけないかなと

エンディングの分岐もない感じだし引き継ぎ要素もないとなると2周3周してやる人はあんまりいないんじゃないかなー

章終わりのニュースはよく作られていると思う

シナリオも悪くはないけど章から章への繋ぎをちゃんと作ってほしかった

章ごとがぶつ切りに感じて、同じ都市で起こっている事件だとは見えにくかった

あと巨影をもっとしっかり見せてほしかった

今のままだと巨影はただのアスレチックか背景でしかない

モブが簡単に死んでいくが悲惨な感じがなく、大事件のはずなのに死に対しての印象が薄い

シナリオ、演出等もまだ良くなる点はあるが、着眼点がよく面白かったと思う

アニメ、映画、特撮の世界観を一般人(?)視点で描くというのは非常に面白かった

長文で書いたが次回作があるならきっとまた買うから期待値込めての星4

by ああああ on

良くも悪くもPS4の時代に出すゲームではない。

PS2のゲームのリマスター版のようなグラフィックのくせに処理落ちしまくるのも謎。

ただ、無駄に多彩でバカな選択肢はかつてのアイレムゲーらしい。

PS2時代の絶体絶命都市が好きなら、フルプライスで買うのはオススメしないけど値崩れした頃に買うと面白いかもしれない。

by 辛口 on

DL版を定価で買いました。

重厚な人間ドラマを期待していましたが、分岐イベント内容もシナリオも悲しいくらい薄っぺらいです。

グラフィックもPS4のグラフィックと思えないほど粗悪です。

期待していた怪獣などの巨影も、モーションが単調で大味な動作を反復するだけで退屈でした。

ゲーム開幕から画面がカクカクして、ストレスを感じることが多々ありますが、仕様の様で不良品ではありません。

カメラワークスも最悪で、3D酔いすることがありま

す。

正直おすすめはできない一本です。

by 被害者 on

・開発が間に合わず発売日に大型アップデートしたにも関わらずファミコンばりの処理落ち

・選択肢は何を選んでもストーリーに何も影響はない

・エンディングは突然の暗転からテキストのスライドショー

・モブは3種類程度 全員同じ顔と髪型がウジャウジャ

・拾った物を順番に売って行くとリゾート地が買えるがゲーム内に登場しないし何の影響もない

・クリア後 何も変化は無い



発売直後から火消しに必死。

好評価やコメントを付けるツイッターアカウント多数

フォロワーもフォローもないようなアカウントのコメントがとんでもないリツイートとイイね

by シンゴジラ on

期待せずに買ったがそこそこ楽しめた

トンデモ選択肢は笑えるし、出てくる巨影はなかなか迫力あった

ただ、ガメラの怪獣だけ優遇されてる気がする

他のキャラはあくまで背景でしかないのに、そいつら出るときだけちゃんとしたサバイバルゲーになる

ガメラの怪獣が人間を襲う怪獣だからって事もあるんだろうが、もうちょっと全体的に巨影にスポット当てたストーリーにして欲しかった

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 
この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

Create your own review


 

---------スポンサードリンク---------

コメント

  1. ぺろりん より:

    エヴァのガトリングかなり重いかなー?

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました