スポンサーリンク

アニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』|感想 評価 レビューまとめ

アニメ感想

2019年7月4日より放送開始される「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」の感想・評価・レビューをまとめました。

小説家になろう発、大ヒット小説『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』が待望のアニメ化!

高評価と低評価に分類しているので「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

実際にご覧になった皆様の評価感想を募集していますので是非コメントください!!

---------スポンサードリンク---------

 

あらすじ

若くして頭角を現し、その名を知られる凄腕冒険者の青年「デイル」。とある依頼で深い森へと足を踏み入れた彼は、ガリガリにやせ細った幼い魔人族の少女「ラティナ」と出会う。片角を折られ罪人の烙印を押されたラティナをそのまま放置できず、保護者になることを決意したデイルだったが――「ラティナが可愛すぎて、仕事に行きたくない」――気づけばすっかり親バカ全開に!?

 

基本情報

放送局 TOKYO MX
BS11
ほかとちぎテレビ
J:COMテレビ
放送時間 TOKYO MX:2019年7月4日木曜日23:30~
BS11:2019年7月4日木曜日23:30~
ほかとちぎテレビ:
J:COMテレビ:
キャスト ラティナ:高尾奏音
デイル:岡本信彦
ケニス:小山剛志
リタ:沼倉愛美
クロエ:桑原由気
シルビア:高野麻里佳
ルディ:田村睦心
マルセル:広瀬ゆうき
アントニー:福原かつみ
スタッフ 原作:CHIROLU「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」(HJノベルス / ホビージャパン)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:吉岡たかを
キャラクター原案:景・トリュフ
デザイン協力:ほた。(MFC / KADOKAWA)
キャラクターデザイン・総作画監督:西田美弥子、舛舘俊秀、出口花穂
アニメーション制作:MAHO FILM
公式 http://uchinoko-anime.com/

 

TVアニメ『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。』第1弾PV

 

みんなの評価・感想

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。を見た皆様の評価や感想のコメントください!!

新ゲーム伝説
レビューの平均:  
 0 レビュー
この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

Create your own review

 

前評判

評価・感想まとめ

これ漫画で読んでるけど可愛すぎてもだえ死ぬからアニメ化うれちい

 


 

作画の力の入れ加減がちょうど良い。

 


 

こういう作品のアニメ化で声とか聞くと悶え苦しんじゃうからヤバい(構わん続けろ)

 


 

あ、アニメ化するんか!? うれぴ〜〜( ꒪ͧд꒪ͧ)

 


 

可愛すぎて駄目かもしれない( ´ཫ` )

 


 

アニメもめっちゃいいんだけど
これ見る限りだと漫画の方がいいと思ってしまうなぁ
漫画のイラストが好きすぎて、、

 


 

岡本さんか〜
燐のイメージが強いからこの主人公めちゃくちゃ安心感ある。

 


 

今度は頼むなのに…
工場見たいに摘まみ出す異世界物では無いのを祈りします…

 


 

マジかよヒロイン高尾奏音か
こりゃ7月が楽しみだ

 

高評価の感想(面白い・神アニメ)

GOOD

※準備中

 

低評価の感想(つまらない・クソアニメ)

BAD

※準備中

皆様のご意見ご感想をお寄せ下さい

感想はこちらをクリック

---------スポンサードリンク---------

コメント