スポンサーリンク

アニメ『revisions リヴィジョンズ』|感想 評価 レビューまとめ

アニメ感想

2019年1月9日より放送開始される「revisions リヴィジョンズ」の感想・評価・レビューをまとめました。

TVアニメ「revisions リヴィジョンズ」は、白組制作による日本のテレビアニメ作品になります。

「revisions リヴィジョンズ」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

実際にご覧になった皆様の評価感想を募集していますので是非コメントください!!

---------スポンサードリンク---------

 

あらすじ

「これは予言よ。あなたたち五人に、いつか大変な危機が訪れるの。そのときみんなを守れるのはあなた」幼いころ誘拐された過去をもつ高校2年生・堂島大介は、幼なじみのガイ、ルウ、マリマリ、慶作とともに、不可思議な現象──「渋谷漂流」に巻き込まれる。渋谷の中心部が跳ばされたのは300年以上先の「未来」。そこで待っていたのは、広大無辺な荒野と森、点在する廃墟……そして、未来人「リヴィジョンズ」と彼らが操る巨大な機械の化け物だった。理由もわからぬまま化け物に蹂躙されていく渋谷を助けようと現れたのは、誘拐事件の大介の恩人と同名で瓜二つの少女・ミロ。彼女は、大介たちだけが操縦できる人形兵器「ストリング・パペット」を提供し、渋谷を守れと促す。誘拐事件の恩人──ミロによる予言「仲間を守る運命」を信じて生きてきた大介は、ついに訪れた危機と手に入れた力に歓喜する。しかし、幼なじみ5人の絆は誘拐事件の影響でバラバラとなっていた。孤立した街。未知の敵。未確定な過去と運命の予言。少年少女たちは、「現在(いま)」を取り戻すために「未来」と戦う。必ず、元の時代へ戻る──

 

基本情報

放送局 フジテレビ
関西テレビ
東海テレビ
テレビ西日本
北海道文化放送
BSフジ
Netflix
放送時間 フジテレビ:2019年1月9日水曜日24:55~
ほか関西テレビ、東海テレビ、テレビ西日本、北海道文化放送、BSフジ
Netflix:2019年1月10日木曜日
キャスト 堂嶋大介:内山昂輝
ミロ:小松未可子
張・剴・シュタイナー:島崎信長
張・露・シュタイナー:高橋李依
手真輪愛鈴:石見舞菜香
浅野慶作:斉藤壮馬
チハル・イスルギ:日笠陽子
ムキュー・イスルギ:田村ゆかり
堂嶋幹夫:櫻井孝宏
矢沢悠美子:遠藤綾
黒岩亮平:てらそままさき
牟田誠一郎:飛田展男
泉海香苗:寺崎裕香
ニコラス・サトウ:大塚芳忠
スタッフ 原作:S・F・S
監督:谷口 悟朗
CG監督:平川孝充
シリーズ構成:深見真/橋本太知
キャラクターデザイン原案:近岡直
メカデザイン:新井陽平
CGキャラクターデザイン:白井順
BGコンセプトアーティスト:白田真人
MattePaintディレクター:大西穣
美術・設定:坂本竜
色彩設計:長尾朱美
撮影監督:高橋和彦
編集:齋藤朱里
音響監督:明田川仁
音楽:菊地梓
企画:スロウカーブ
アニメーション制作:白組
製作:リヴィジョンズ製作委員会
公式 http://revisions.jp/

 

 

みんなの評価・感想

revisions リヴィジョンズを見た皆様の評価や感想のコメントください!!

新ゲーム伝説
レビューの平均:  
 5 レビュー
by 邪教徒 on 新ゲーム伝説

なんか低評価コメントはキャラ(主に主人公)に対してが主だけど、確かに主人公がヤバかったのは同意する。けど早めに切ろうとは思いつつ、意外と見続けてしまった。

主人公がなかなか成長しないのはその通りなんだけれども、そのぶんタイムパラドクスとかの構成上の謎みたいなのを小出しにしてくれていて、まあ見るのはタダだしどうオトすのかだけでも拝んでやろうという気持ちも湧いてきて悪くなかった。ここはまあ、監督と構成のさすがの経験値だなと思う。

それで最終回まで見続けたところ、谷口悟郎の久々の当たり作だという結論に落ち着いた。ストーリーに関しては駆け足ながらも問題なくまとめられていたし、キャラの動きもしっかりしていた。特に主人公がヤバかったのは主人公が主人公じゃなかったから(ネタバレ)というのは良い外し方だったと思う。全体的にはやはりさほど目新しいことをやっているわけではないが、「お約束」の積み木でまだこれだけやれるんだなあと思った。

なんだかんだ今期最後まで次回が楽しみだった唯一のアニメになってしまった。アプリゲームも出るそうだから、今後にも期待しておこうかと。裏切られる気もしないでもないが。

まあ色々とくっちゃべってしまったけれども、序盤で主人公の破滅的愚行に耐えられなくなって面白くないと感じるのも正しい感想の一つだとは思う。

けど、もし最後まで見ようか迷っていて、かつ暇な人がいれば、内山君に免じて我慢して見ていただきたいと思う。最初に主人公を見てて恥ずかしく思ったぶん、その落差で最終回がアツく感じるので。鉄のラインバレルなんて比じゃないはず。

by お名前 on 新ゲーム伝説

いきすぎたヒーロー願望をもった主人公、というのがラインバレルの二番煎じ

そこは良いとしても、主人公の成長が遅すぎた



ラインバレル(アニメ)は確か4話あたりで主人公の転換が始まってどん底の悪印象から好印象へと変わっていくのに対し、revisionsはどうでもいい描写で7話ぐらい浪費した結果、屑のままな主人公が終盤までヘイト撒き散らすだけの話になってしまってる

というか、本筋に大きく影響しない大人同士のグチグチしたやり取りに何話も費やす必要なかったよね



作る側が話のバランス考えてないから、主人公への嫌悪感に耐えられず視聴をやめる人がいても仕方ないと思う。作る側は最後までのシナリオを知ってるから耐えられるんだろうけど、何も知らない客が観ること考えて作らないと、それは独りよがりの駄作でしかないよねっていうアニメ。

by 顎長め on 新ゲーム伝説

面白みがない、

主人公のイキリがすごくて2話で辞めました

by 匿名 on 新ゲーム伝説

うなるような脚本でもなく、映像的エンターテイメント性もない。

ひたすら不快感をまき散らすアニメ。制作スタッフは何がしたい?



クソうざい主人公使って「今の若者は~」「主人公の声優は~」って反面教師のつもりか?

そんな余裕があるなら「海賊王に俺はなる」くらい人を夢中にさせる作品作ってみろ。

作品から溢れる性根が腐ってんだよ。

by K7800 on 新ゲーム伝説

全話見たけど面白かったわあ

このアニメのためだけにネトフリ契約したけど、

お約束をちょっと外しつつ王道でまとめた良アニメだった

終盤にかけて追い込まれていく描写がグッドだった

谷口作品ではガンソード並みに好きだわ

この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

Create your own review

 

---------スポンサードリンク---------

コメント