*
↓ゲーム・アニメのタイトル検索はこちら↓
 

質問&回答を投稿してプリペイドカードをGETしよう!

アニメ感想

アニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』|感想・評価・レビューまとめ

2018年10月05日よりテレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知で放送開始される「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の感想・評価・レビューをまとめました。

TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」は、2012年から14年に劇場上映からテレビ放送まで展開した『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編となる新シリーズ作品になります。

高評価と低評価に分類しているので「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

---------スポンサードリンク---------

 

あらすじ

時に西暦2202年。 あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年──。 〈コスモリバースシステム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、 ガミラス帝国とも和平条約を締結。 復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。 イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。 はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか? 宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。 いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた——。

 

基本情報

放送局 テレビ東京
テレビ大阪
テレビ愛知
放送時間 テレビ東京:2018年10月5日金曜日25:23~
テレビ大阪:2018年10月5日金曜日26:10~
テレビ愛知:2018年10月5日金曜日26:05~
キャスト 古代進:小野大輔
森雪:桑島法子
島大介:鈴村健一
真田志郎:大塚芳忠
キーマン:神谷浩史
サーベラー:甲斐田裕子
ズォーダー:手塚秀彰
テレサ:神田沙也加
沖田十三:菅生隆之
スタッフ 製作総指揮:西崎彰司
原作:西崎義展
監督:羽原信義
シリーズ構成:福井晴敏
副監督:小林誠
キャラクターデザイン:結城信輝
音楽:宮川彬良・宮川泰
アニメーション制作:XEBEC
公式 http://yamato2202.net/

 

 

みんなの評価・感想

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たちを見た皆様の評価や感想のコメントください!!

この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

評価する

平均評価:  
 総評価数:1
by 潜宙艦

テレサの声、ユキだけ仲間外れで可哀想

 

高評価の感想(面白い・神アニメ)

まじ感動した
迫力ある戦闘シーンは2199からグレードアップしたね
面白かったから次回も楽しみw

 

●初っ端でアンドロメダの拡散波動砲炸裂はカッコイイな

 

●評判悪いからどんな聳え立つクソを拝ませてくれるのかと思ったら
面白いやないか。まったく期待はずれや。

 

ヤマトの音楽はやっぱ凄いな
テレビアニメの域をこえてる

 

●やっぱアンドロメダはカッケーわ
宇宙戦艦はこうでなくちゃいかん

 

大戦艦の登場からアンドロメダの拡散波動砲の戦闘はマジ感動したねぇ~
次回への期待度アップで来週が待ち遠しい!

 

●第1話はななかなかよかった最後の掴みもおkみたいな
アンドロメダの圧倒的な拡散波動砲 謎の大戦艦の活躍(しぶとさ) 最後はヤマトがコロニー落としを防ぐ
ただ音楽で大分騙されてるかもしれないが

 

●円盤をずっと買ってるんで、先の話まで知ってるが
個人的にはそこそこ面白いんだけど、少し先の話で
さらばやヤマト2と比べると、異様な設定が多数追加されて
さらにキャラが有り得ない異常行動に出る時がある
それが旧作ファン、特に思い入れの強い輩の怒りを買ってる

 

●下手にいじらず、音楽が元祖と同じなのが良い。CGは洗練されているとは言いがたいが、元祖のシルエットを生かしてうまくデザインされている。おじさんファンにお勧めです。

---------スポンサードリンク---------


 

低評価の感想(つまらない・クソアニメ)

艦隊戦が「銀英伝かよ!?」ってレベルで劣化してるだろ
銀英伝⇨2199の進化は石黒昇の遺伝子感じたけど
2202には寧ろ退化してる印象しかない

 

●今となって再び第1話を見ると、やはりツッコミどころが多いな。
大戦艦が地球に突入してくるのを見て、あんなにうろたえること無いでしょ。
時間断層でうじゃうじゃと主力戦艦を量産しているのだから、第1話の時点で既に完成してる艦もある。
主力戦艦の波動砲を大戦艦に撃てば、もうそれで終わりじゃん。
ヤマトがわざわざ海中からショックカノンを撃つ必要など全く無かった。

 

●1話観た
ガミラスと連合だというのにガミラス艦隊の艦長が誰も出てこないので連合ぽくない
音楽が全くあってないシーンにかかる
ぐらいが気になった

 

元祖ヤマトパート1世代のオッサンです。
2199は、とりあえず前半は良かったのですが、2202は・・・
あのヤマトの主砲は、波動カートリッジ砲だな。
アンドロメダの主砲で、大戦艦がビクともしないのに、ヤマトだと一発で爆砕!では、初見人がヤマト無双に引いてしまうw
真田に説明的セリフを言わせるべきだった。
一話から、手抜きw
古代と雪が不細工w
とりあえず艦隊見せとけば良いだろの!の楽勝CGw
他の人も言ってるが、ガミラス艦隊の司令官ぐらい出せよ。
あと、損傷作戦継続不能で地球にワープして、大戦艦を誘導してしまった地球軍艦が壊れていなかったのは、手抜きか? それとも、地球軍上層部にスパイがいて、わざと帰ってきたのか?

 

●地球側のクソっぷりが相変わらずでワロタ

 

●CGの見せ方相変わらずセンスねーな

 

なんか期待してたんだけど
予想以上にしょぼいな…ヤマトって名前が付くから予算だけは付いてると思ってたのに
どうしてこうなった?

 

●うえぇ・・・今録画見たけど、映画館で見たときは金払ってるから無理やり自分を納得させてたんやなあ
拡散波動砲にロックオン機能付いてるのに大戦艦は至近弾どまりやし、波動砲の至近弾に耐えた大戦艦をたかだかショックカノンで消し飛ばしとるし
いやいや一瞬カートリッジの絵があったからもしかしたら波動カートリッジ弾のつもりかもしれへんけど、それでも波動砲なみの威力はあらへんで・・・
1話からむちゃくちゃやがな

 

全体的にダサいメカデザイン
CG艦隊特有の不自然な密集
まあ初代を徹底的にリメイクした2199ほどの衝撃は無いと思ったけど
出渕カラーも好きじゃないんだけどその2199に比べて質が落ちてるってどうよ、とは思うね

 

●何がいちばんあかんって、せっかく初見の人らがワクワクシークァー・・・いやワクワク見てるのに、第6章のCM挟むのはあかんって
せっかく初見の人らがワクワクシー・・・いやワクワク見てるのに、縦書きで「銀河」ってでぇーんって出てきてなんやこのヤマトはと思てよぅ見たらデカ窓奇形戦艦が映ってて、こんなんで初見の人らワクワクできるんけ・・・?

 

●展開が唐突すぎw
テレサの声若すぎ

 

●初見です。前作からの続きなので付いてけない部分はありますね・・。今のところ艦隊戦しか見ごたえないので何とも言えないです。人間関係のストーリーも重厚なら見ときたいです。

皆様のご意見ご感想をお寄せ下さい

感想はこちらをクリック

---------スポンサードリンク---------

 

回答受付中の質問