*

オススメ記事

アニメ感想

アニメ『あるゾンビ少女の災難』|前評判・感想・評価・レビューまとめ

2018年7月04日よりデジタル配信で放送開始される「あるゾンビ少女の災難」の前評判・感想・評価・レビューをまとめました。

TVアニメ「あるゾンビ少女の災難」は、池端亮氏によるライトノベル作品が原作となります。

高評価と低評価に分類しているので「あるゾンビ少女の災難」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

---------スポンサードリンク---------

 

あらすじ

夏休みで学生が出払った深夜の菊花大学。里帰りをしなかったオカルト研究会の男女5人は、第一回納涼クエストと称して、徳川埋蔵金が収められているという噂のある大学の資料庫に忍び込む。だがそこには埋蔵金などはなく、あったのは極めて保存状態の良い2体の女性のミイラだった。仲間を焚きつけて資料庫に侵入させた鴨志田沙也香は、そのミイラの体内にあった謎の宝石“生命の石"を密かに奪う。埋蔵金が見つからず当てが外れた彼らは資料庫を立ち去るが、生命の石が奪われたことがトリガーとなり、2体のミイラが死から蘇ってしまう。蘇った少女=魔術によって不死の存在となりながらも不慮の出来事からミイラにされていた元男爵令嬢ユーフロジーヌ・シュトゥディオンと、彼女の侍女として作られたホムンクルスのアルマ・Vは、奪われた宝石を求めてオカルト研究会のメンバーたちを襲撃していく。果たしてメンバーたちは生き残れるのか? そして生命の石を奪った訳とは? 深夜の学生寮を血まみれの惨劇が襲う…。

 

基本情報

放送局 デジタル配信
初回放送日 2018年7月4日
放送時間 -
キャスト ユーフロジーヌ・シュトゥディオン:早見沙織
アルマ・V:小倉唯
小鳥遊眞子:白石涼子
小鳥遊修一郎:杉田智和
鴨志田沙也香:沢城みゆき
皆川由衣:M・A・O
須藤紀子:久保ユリカ
阿部昌弘:鈴木達央
寮管理人・三宅:麦人
スタッフ 原作:池端亮「あるゾンビ少女の災難」(KADOKAWA刊)
脚本:金巻兼一
キャラクター設定・総作画監督:高岡じゅんいち
音楽:大谷幸
アニメーション制作:GONZO/スティングレイ
監督:岩見英明
プロデューサー:岩本克也
製作:スティングレイ
公式 http://zombie-girl.net/

 

 


 

みんなの評価・感想

あるゾンビ少女の災難を見た皆様の評価や感想のコメントください!!

この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

評価する

平均評価:  
 総評価数:0

 

前評判

●原作小説読んだけど割と面白かった
2007年の一般文芸なんだな

 

今年の夏にやっと放送決定!!
おめでとう(´;ω;`)
長かった…!待ってたかいがある!
楽しみだー!

 

●正直見たいけど、アニメ化するなら「災難」までにしておいてくれ 入学はいろいろぶち壊しすぎだから

 

配信のみ? 
TVでやらないの?

 

●あるゾンビ少女の災難、79分のアニメなのね
収録したのは3年以上前らしい

 

高評価の感想(面白い・神アニメ)

※準備中

 

低評価の感想(つまらない・クソアニメ)

※準備中

皆様のご意見ご感想をお寄せ下さい

感想はこちらをクリック

---------スポンサードリンク---------

オススメ記事