PS4『仁王2』|評価 感想 レビューまとめ

PS4『仁王2』ゲーム評価
この記事は約9分で読めます。

コーエーテクモゲームスより2020年3月12日発売のPS4用ソフト「仁王2」の評価・感想・レビューをまとめました。

本作は、2017年に発売された『仁王』の続編となるダーク戦国アクションRPGゲームソフトです。

高評価と低評価に分類しているので「仁王2」をプレイしようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

基本情報

発売日2020年3月12日
価格8,580円+税
メーカーコーエーテクモゲームス
ジャンルアクションRPG
ハードPS4
レーティング
プレイ人数
公式ツイッターhttps://twitter.com/nioh_game

 

 

高評価(おもしろい・神ゲー)

GOOD

仁王2とりあえずチュートリアルステージまでやった感想としては
・キャラメイク楽しい
・雑魚だと思った餓鬼が仲間を食った途端クソ強い
・隻狼のやりすぎでステップ回避が難しい
・最初のボスが前作のデリックみたいな雑魚だと思ったら、範囲攻撃ブンブン丸の馬頭鬼にボコられる

ただ普通に面白い

 


 

仁王2…やっぱり超面白いw下手くそでもしっかりパターンを観察すれば勝てる

 


 

仁王2
面白いー!!!
自キャラがめっちゃ綺麗に映って動くから堪らん……

 


 

仁王2面白い。ひたすら面白い。とりあえず美女で薙刀鎌使ってるけど唐橋充似のキャラクリする能力さえあれば本当は斬り合い中毒の外道に墜ちた腑破十蔵気分で大太刀使って遊びたい

 


 

仁王2本当に面白い!
最近のゲームで1番面白い!
是非仁王2の評価の動画作りたい

ゲームを楽しいと思えなかった最近の俺をここまで熱くさせてくれたの本当に感謝

そして俺みたいに最近のゲームに熱くなれなかった人達にこれを伝えたい

 


 

仁王2めちゃくちゃ面白いサングラスをかけた顔
前作も楽しかったけど、今作も全然負けてない!
妖怪化カッコいい!

 


 

仁王2面白いわ。大技にだけ取れるパリイがいい味出してる。妖怪が多摩市落とすのも実に良い。常世同行だとゲームオーバーになったら最初からだから緊張感半端ねえ

 


 

仁王2
今回から増えた鬼アクションが楽しい!倒した鬼の技が使えたり鬼相手のパリィが爽快感あって楽しい
ボス戦とか一部マップは常闇状態になったりがあって戦況もガラっと変わって刺激があってヨイ

 


 

仁王2おもしれえぞこれ…
前作から色々学んで不満だったところが改善されてたりするし、難易度も今のとこ程よくなってる!!
死にゲー好きにはもちろん、死にゲー初心者の人も取っ付きやすい仕上がりだと思うハグする顔ハグする顔
あと、歴史の豆知識みたいなのを所々に挟んでくれてるから前作同様歴史好きにもウケそう

 


 

3時間プレイしてわかったことは、
仁王2は最高に面白えってこと。
それだけ。

マジで配信とか抜きにハマるわ。

SEKIRO×ダクソを2で割って、
特製の出汁加えた旨味ゲーが、
気付いたら本家よりもファン増えた、
みたいな未来が見える。

ハクスラ感もたまんないし、好き!!

 


 

仁王2、裏切らないね。
前作が好きな人は絶対にすき。
あと主人公の技とかスキルも多様化してるから人によって戦い方ももっと好きに選べるようになってるかも!
俺は下段の構えでゴリ押しです。笑

 


 

正直仁王2舐めてました。

妖怪技とか特技あるしぶっちゃけ楽じゃないかな?と。

落命?いやいや楽勝〜って。

ふざけんな。色々強くなりすぎだし性格悪い配置とか攻撃。

面白すぎるだろ仁王2!!

 


 

今作もめっちゃ面白いな
体験版は敢えてやらない見ないを貫いたから、ボス戦がSEKIROの様にスタミナを削るのが重要になってるのがびっくりしたわ

しいて言えば、敵が物陰に隠れすぎじゃね?ってくらいかな

 


 

7時間ぶっ続けで遊んだ……リアルに落命しそうしないけど。
#仁王2 めっっっちゃくちゃ、たの死い!!
牛頭鬼だけで落命しまくり泣くか思ったけど、なんとか倒せて泣いた!あとは操作覚えて隙狙えば 馬頭鬼を初対面で撃破!達成感がマジ病みつきだああ
ちなお気には旋棍と大太刀です

 


 

仁王2楽しすぎる。これだけ期待してハードル上げてるのに、その遥か上を行く面白さ。紛れもない神ゲーやで…

 


 

仁王2、プレイ中の感想です。

藤吉郎(後の秀吉)に誘われ、初めはただの妖怪退治だったのが、次々と史実が元になっている出来事に首を突っ込んでいく描写はすごく上手いと思います。
プレイヤーを楽しませてくれるエンタメ性の高い作りです。
ここまで書いて肝心のアクションについて語ってなかった

 


 

武器選びにあんなに迷っていたのに、いざはじめてみたら大太刀しか使ってないや。
ド下手な僕でも回数重ねればなんとか進めていけそう。
何より自分で作ったキャラクターがアップになるたびににやけてしまいます笑顔
これ本当に自分の中のトップ5に入るゲームかも。
今の所不満なし。
すごい。

 


 

 

低評価(つまらない・クソゲー)

BAD

すぅ…仁王2の感想言いまーす笑
スタミナを残して、弾きシステムを無くして、操作を複雑化して、更にスピードを速めて、そこらの雑魚が弦一郎より強いSEKIROでーす笑
周回で難易度変わる仕様がないにしてもおかしいだろ

 


 

仁王2のチュートリアルは1よりひどい(笑)

 


 

仁王2、経験値クソ重いわ、マップ鬼みたいに長いわで、いつの時代のソウルだよってなってる。

 


 

相変わらず仁王の序盤は悪い意味でマゾい。やれることが少なすぎるくせに、敵の配置も種類も序盤のそれとは思えない悪意を感じるから、地味なチキンプレイするしかなくなる。

 


 

仁王2もボスは相変わらずコエテクの悪い所のとりあえず360度攻撃搭載してる

 


 

アクション部分で感じたこと

・敵の理不尽な攻撃パターンは今のところ無
・数の暴力が多い
ちょっと強いモブクラスになると、妖怪技をバンバン使っても力負けしてしまう場面が所々ある
・逆に妖怪技や妖怪化があることで、テンポが上がってる
・妖怪と武将の立ち回りは全く別(当たり前)

 


 

10数時間ぶっ通しでやってたけど仁王2、諦めようかと思うわ。

前作はちょうどいい難易度だったけど今作は俺にはキツい。
前作に比べてマップの敵が多めだし、足場も狭めなとこ多いからなんかストレス溜まる。
序盤でそう思ってしまったから無理だ。

リサイクルして何か別ゲーの足しにしようと思う

 


 

仁王2満足したわ。
クソ腹立つゲームだった。

 


 

仁王前作の頃からの問題点だったけど、序盤出来ること少ない(鍛冶屋やキャラ強化etc)のに敵配置や雑魚がクソ強いのは変わってないんだよなぁ。

 


 

参照:twitter

 

 

皆様からのレビュー評価コメント募集してます!

以上が仁王2のネット上のみんなの評価・感想・レビューまとめでした。

少しでもプレイする際の参考になればと思います。

実際に仁王2をプレイしてみた方の感想などもコメント欄にて募集していますので是非よろしくお願いします!

 

『仁王2』の評価コメントお願いします!!

PS4『仁王2』
4.4

面白さ

2.8/10

操作性

3.4/10

音楽・BGM

5.0/10

グラフィック

7.0/10

やり込み度

3.7/10

コメント

  1. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    2.5

    音楽・BGM

    1

    グラフィック

    2

    やり込み度

    1

    ダクソシリーズは2以外やって、劣悪と言われたりするコードヴェインもやった事ある程度。
    コードヴェインよりもアクションよりではあるけど、とにかく固くて火力のある素早い敵が多かった。

    攻撃のヒット感触はスカスカだし、大きく回避行動しないといけない箇所で足場が不安定なところが多くて爽快感なし。
    あと何より敵の予備動作がわかりにくすぎた。

    ソウルライクっぽい感じだけど、更に人を選ぶ感じですね。
    ソウルライク要素入れた為に制限がかかって出来の悪いアクションになった感じでした。

  2. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    4.5

    グラフィック

    4.5

    やり込み度

    0

    キャラクリとかグラフィックはいいけど、ゲームバランスは最悪。ダクソとかがぬるゲーに感じる。500円とかになったら買うかな。原価では買うレベルではない。

    • ななし より:

      面白さ

      1

      操作性

      4

      音楽・BGM

      8

      グラフィック

      9.5

      やり込み度

      4.5

      本家ダークソウルと比べるのは酷かもしれないが、それにしても余りにひどい。ただでさえ火力が高い上にかなり固くて倒すのに時間がかかる強力な妖怪が数の暴力かつ宵闇とかいうプレイヤーが不利になるだけの糞システムで襲いかかってくる。高難易度というのを理不尽さでしか表現できないクソ開発です。というか無印仁王のがまだ面白かった。明らかな劣化です。

      • 匿名 より:

        面白さ

        2

        操作性

        5

        音楽・BGM

        5

        グラフィック

        5

        やり込み度

        3.5

        常闇のせいで強敵と正々堂々と殴り合う感じが全くしないわ。ストーリー中盤まで来たけど面白さよりストレスの方が大きいな。

  3. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    0

    グラフィック

    5

    やり込み度

    0

    操作性が前作よりも劣化してるように感じた。買わない。

  4. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    6

    グラフィック

    5

    やり込み度

    0

    最終体験版での感想だが、ともかくゲームバランスが劣悪の一言に尽きる。
    ともかく敵の体力や攻撃力が高く、こちらが回避やガード、攻撃に使う気力はすぐ尽きる。
    残心で気力を回復することを前提としているのだろうが、戦闘中に大体そんな暇はない。
    そんなことをしていると敵の攻撃が当たる、ひるむ、死ぬ。
    気力が尽きると完全に動けなくなるので当然死ぬ。
    故に敵の体力が実際の数値より非常に高く感じ、戦闘のテンポが悪くなる。
    常世の効果で更に気力が回復しなくなるので、常世での戦闘は更にテンポが悪くなる。
    システム的な制約での難易度上昇は、ただの面白味のない理不尽さで、正直言って素人が作ったインディーズのソウルライクゲームの方が何倍も面白い。
    体験版だからこうなのか、期待していたタイトルだけに落胆が酷い。

  5. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    2

    音楽・BGM

    3.5

    グラフィック

    7

    やり込み度

    0

    最終体験版にて仁王に始めて触れたが,グラフィックは結構良いように感じた。特にキャラクリで肌質などキメ細かい所まで調整できるのだが実際ゲーム上ではそこまで拡大されることがほぼないため無駄である。またテンプレが美男美女揃いのためパラメータをいじる必要性が全く無くネタキャラでも作ろうとしない限りキャラクリは全くの無駄。
    肝心のゲームは雑魚敵が無駄に固く,火力も高い上に数が多い,おまけにガードまでしてくる。2体1になる場面も多く,回復ポイントに降れると敵が全部復活するため中々進めない。成長させるには敵を倒してポイント稼ぎする必要があるのだが必要ポイントが倍々で増えていくので次第に成長が遅くなり飽きる。
    敵なら分かるが自キャラの攻撃判定も狭く作られており思ったように攻撃が当たらない上,発生も遅い。武器を少し振り回しただけですぐにバテるので思ったように動けずストレスがたまる。
    時間をかければ慣れてくるだろうがこのゲームのためにそこまで時間を作ろうとは思えなかった。

    ブラッドボーンと比較すると相当作り込みが甘いなと思った。あちらは音や鳴き声だけで敵の次の攻撃が分かるようになっているのでボスに負けても次は倒せそうと思わせるものがあったし,雑魚敵も強いことは強いのだが,固くはないし,大量出現する雑魚は行動毎の隙も大きいのでちゃんとたくさん同時に出すのを前提で作られている。一方仁王は雑魚各々が全力で攻撃してくるので隙が極わずか。なので複数で来られたらどうしようもない。

    難しいし面白くない,グラだけのゲーム。セールやってても買う気は起きない。

  6. 匿名 より:

    面白さ

    5.5

    操作性

    3

    音楽・BGM

    3

    グラフィック

    7.5

    やり込み度

    7.5

    出来はかなり良い感じで、オンライン専用タイトルじゃなかったら確実に購入確定してたかな?
    最近のオンライン専用は寿命も短命で、すぐメーカー都合でサービス終了するからオンライン専用タイトルは当てにならない。
    そもそも、サービス終了や回線事情でゲームすら出来なくなるゴミは要らん。
    製品版でオフラインでも対応してるなら購入するんだけどな。

    • 黒ムツさん より:

      面白さ

      7.5

      操作性

      5

      音楽・BGM

      5

      グラフィック

      5

      やり込み度

      7

      オフラインで普通に遊べてるぞ
      NPCを呼んでボス戦にも挑めるし、DARK SOULSのNPC召喚と同じ
      ただこれにオンラインもできるってだけ
      オンラインにすると死に場所って分かるからネタバレになるし、一周目はオフラインでする人も多い

  7. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    2

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    8

    やり込み度

    1

    今回製作側から「理不尽に思える箇所を減らす」とのコメントがあり、流石に前作ゲームバランスの酷評が効いたかと思いプレイしたがやはり裏切られた
    相変わらずの数の暴力ワンパンゲー
    ワラワラ湧いてくる雑魚ですら無駄に硬く軽い一撃でこちらの体力を半分以上持っていく
    ボスに至ってはほぼ全ての攻撃が即死級でガードは一瞬で剥がされまともに殴り合いなど不可能
    とにかくこちらのスタミナがすぐ切れる、攻撃は全てフレーム回避前提か
    こちらはひたすらカウンター狙いで逃げ回るのが最適解の爽快感がカケラもないバランスになっている
    9月のTGSでも試遊させてもらったが待ち部屋で他プレイヤーがボスに為す術なく倒されるのを見ていたスタッフが「これでもクリアできねえのかよ」とボソッと呟いたのを覚えている、今思えばその時点でゲームバランスの改善など望むべくも無かったか
    この手のゲームが出る度にソウルシリーズのゲームバランスの良さを実感できる、比べるのも烏滸がましいが

    • 匿名 より:

      ある超が付くほど有名なゲームクリエイター(現役)が「今の時代は、ゲームを創る側の視点が、プレイする側の視点に変わった」と嘆いていた。
      もっと具体的な解釈に置き換えると、ビジネス対象がタイトルを売る為の理由ではなく、労力を売り付ける道具にしている。
      「どんなゲームを作ったら楽しんで貰えるんだろう?」ではなく「どう作ったらユーザーの鼻を明かせられるだろう?」に時代が変わったと嘆いている。
      勿論、そのクリエイターはゲームで社会現象まで引き起こした超有名な方なので自分の立場を考慮した発言のしかたをしているが、この手のゲームも同じ事が言える。
      だから今時の若い開発陣営からは、そんなユーザーを見下した発言が飛び出すんだろうな。
      そもそも気持ち良く死んで頂きますってアホな売り文句付ける奴等だから人間性は知れてる。

  8. あぽこ より:

    面白さ

    4

    操作性

    6

    音楽・BGM

    3.5

    グラフィック

    10

    やり込み度

    2

    んー、バイオ3やFF7が出るまでの時間稼ぎゲームですな。妖怪が固すぎ。序盤で詰みですよ。1もやっていたけど、2も難しい。初めての人は手を出さない方が良い。序盤で死にすぎて速攻売りゲーになる。スキルもFF10を思い出すパネルになってる。グラフィックは良いと思います。

  9. 匿名 より:

    敵が硬い言ってる人は大太刀の上段コンボ□→□→△覚えてやってみな。
    間合いさえ気をつけてれば序盤はこれやってるだけで簡単に進むよ。
    妖怪技でカウンターとるのも忘れんなよー。

    • 匿名 より:

      面白さ

      0

      操作性

      0.5

      音楽・BGM

      0.5

      グラフィック

      1.5

      やり込み度

      0

      所詮はコーエー産のクソゲー。
      フロム・ソフトウェアには勝てません。
      プレイしててフロムの劣化版しか感じない。

  10. 匿名 より:

    面白さ

    10

    操作性

    10

    音楽・BGM

    10

    グラフィック

    8.5

    やり込み度

    10

    純粋に動かしていて楽しい。
    前作の不満点は凡そ解消しており、
    特にマップに関してはロケーションごとの特徴を出しつつ、
    立体構造を意識した作りになっている為、
    視覚的に迷いにくく、かつ探索は楽しくなっており、相当な改善が見られた。
    バトル面もカウンターのおかげで妖怪と正面から殴り合えるシーンも多くなり、ケツを追うだけのソウルライクとは一線を画した風に思える。

  11. 匿名 より:

    難し過ぎてゴミ
    開発者死ね

  12. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    2

    音楽・BGM

    8

    グラフィック

    8

    やり込み度

    1

    グラフィック、雰囲気に合ったBGMは前作同様さすがと言ったところ
    だがそれだけ、前作と何が違うのか…妖怪技というカウンター技が追加されたが結局これありきのバランスになっておりまともな斬り合いは理に合わない
    武器種も多く戦闘スタイルは多岐に渡るが正解が極端に少なく敵の1撃をもらう前にこちらが100回攻撃当てて倒すぐらいの面倒くさいバランス
    敵の攻撃は予兆が無いものが多く純粋に反射神経を求められ死んだ際に改善点が全く浮かばないような死に方が多い
    ソウルライクに分類されそうだが別物です、期待して買うと損しますよ
    あとどうせ前作みたいにすぐ値崩れするので待ってもいいと思います

  13. 匿名 より:

    面白さ

    9

    操作性

    9

    音楽・BGM

    8

    グラフィック

    9

    やり込み度

    10

    前作の違いとしては
    ダクソみたいなパリィ要素を入れたことですかね
    妖怪技をいかに活用するかで戦闘の状況が大きく変わってきます

    前作同様1周目をクリアして色々コンテンツ解禁されたりよりレアな装備がドロップするようになり厳選中毒になりますね笑

    アクション苦手な方でも諦めず
    敵の攻撃をよく見て回避しつつ
    隙を見つけて攻撃すれば必ず勝利が見えてくるハズです

  14. まゆげ より:

    面白さ

    2

    操作性

    1

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    10

    やり込み度

    0.5

    仁王2、もう辞めるわ!
    10時間以上バッファローマンで足止め喰らってる。 ハリケーンミキサー回避しても強引に吸ってくる。(喰らいモーションは敵の肩辺り)妖怪カウンターの判定がシビア過ぎる。(気力ゼロで吹っ飛ばされる)

  15. 匿名 より:

    面白さ

    0.5

    操作性

    1.5

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    6

    やり込み度

    0.5

    前作で難易度上げすぎたから改善しますと言っておいてこの体たらく。
    雑魚ですら防具をガチガチに固めてもワンパンで瀕死、「無駄」に硬い雑魚、挙げ句複数で囲む配置。
    序盤だけならまだしも終盤までずっとこれ。
    ハクスラとしてもアクションゲームとしても爽快感皆無、落第点です。

    • 匿名 より:

      面白さ

      9.5

      操作性

      7.5

      音楽・BGM

      8

      グラフィック

      9.5

      やり込み度

      9.5

      死にゲー初心者でやってみたけど普通に楽しい!
      戦略見つけて倒した後のスッキリ感がたまんないかな〜

  16. 匿名 より:

    面白さ

    2.5

    操作性

    6

    音楽・BGM

    5.5

    グラフィック

    9

    やり込み度

    6

    前作プレイ済みで今作はクリア済みでのレビューになります。
    開発の段階では理不尽な敵の配置や数を減らしてやりごたえのある物を作りたいと仰っていたようですが、残念ながら今作も前作同様、理不尽要素満載の死にゲーです。
    恐らく多くの方が隻狼やソウルシリーズと比較するみたいですが、仁王に関して言えば全くの別次元の死にゲーであり、アクション部分も妖怪技やカウンターの追加で少しは幅が増えたのですが、相変わらずの敵の数で意味をなし得てないです。
    狭いマップでこれでもかと敵を配置し常世のシステムのおかげで更に気力が削られるため快適にプレイするのはほぼ困難です。
    また、こちらの防御力をあげたところで敵の攻撃を2〜3回受ければほぼ死ぬためトライ&エラーをし試行回数を増やし運のいい場面を引いていかないとクリアが難しい場面もありました。
    私自身、自分で言うのもおこがましいのですが、ソウルシリーズとBloodborneのSL1縛りで全ボス撃破などかなりアクションゲーには自信があったのですが仁王の難易度はそれを遥かに超えてきました。
    敵の数と配置、敵の火力と硬さなんかをもう少し調整して行かないととても高難易度ゲーとは呼べません。
    そういった難しい箇所がいくつかはあってもいいと思いますが、序盤から終盤にかけてほぼそんなようなものばかりです。
    武器や防具を自分で付け替えていく所謂ハクスラ要素もあるのはいいのですが、鍛冶屋のシステムもとい装備関連が少し煩わしいと感じました、もう少しシンプルにしてもいいのではないでしょうか。
    ストーリーや音楽、グラフィックに関しては文句はありませんが強いて言うなら、仁王の世界は少し鮮やか過ぎるような気がしました。もう少し色味を抑えてリアルな戦国時代を演出して欲しかったです。

    アクション自体はBloodborneのように軽めな動きでステップ回避やガードを分けて戦うため好きな部類なのですが、エリアの作り方がかなり理不尽な為人を選ぶと思います、フロムゲーをやって仁王に挑戦しようとしている方は動画なんかを参考にしてみると良いかも知れませんね。
    また、経験値ですがソロプレイの場合稼ぐのが結構大変になってくるので、まれびとで稼ぐしかなさそうなのもマイナスですね。

    総評としましてはソウル系や隻狼をクリアした方でかなり腕に自信のある方、また心が折れなくて何度も何度も挑戦出来る方が向いていると思います。アクションのうまさはもちろん関係ありますがどうしようもない場面も多々あるためかなり胆力が必要になります。
    隻狼のような達成感や爽快感はほぼ無いに等しいので、注意してください。単純に理不尽なめちゃくちゃ難しいゲームがやりたい!って人はめちゃくちゃオススメします。
    しっかりとした堅実なアクションや世界観を好まれる方はソウルシリーズをどうぞ。

  17. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    1

    音楽・BGM

    6.5

    グラフィック

    6.5

    やり込み度

    1

    高難易度というのにも方向性があるが、仁王2は理不尽な高難易度であって、
    SEKIROの様に、理解すれば攻略できるようになっている類のゲームではない。
    雑魚は固すぎ+高火力+掴み含めた素早い攻撃パターン複数あり、1対1でも事故多発する上、狭いマップに複数配置が基本になっている。ガードすら気力削りが強く、掴み攻撃も始動が速いため、安定行動がほぼ無し。回避の無敵時間も短め。
    アイテムは、ハクスラなので、マップを探索する必要はなく、雑魚が強すぎるせいで、道中は走り抜け安定。
    ボスも同様で、パターン構築というよりも、ハメパターンを見つけるような戦いになる。
    次回作は、評判良くなければ買うことはないだろう。

  18. 匿名 より:

    面白さ

    0.5

    操作性

    0.5

    音楽・BGM

    1.5

    グラフィック

    6

    やり込み度

    2.5

    前作からのプレーです
    前作もそうでしたが色々と酷いです。
    スキル取るのがめんどくさくなりました。
    やっぱりマップは酷いです。某ソウルの死に方は納得できますが、このゲームは敵配置が酷い。初見殺しでたのしめないです。とりあえず死にゲーなので狙撃手やいっぱい敵置いたみたいです。作るの下手なんですかね。
    ボス理不尽すぎる。
    とりあえずレベルガン上げして勝つゲームなのに経験値がエグい。全然足りない。
    鍛冶屋はぼったくり。
    早く言えばクソゲーです。
    せきろかソウルをおすすめします。

  19. 匿名 より:

    クソゲー
    開発者頭おかしいよね
    作ってて思わなかったの?

  20. 匿名 より:

    修行ミッション画頭おかしい
    相手は火力2000出るのにこっちはなぜ40?
    最初レベルは20も上ですけどね
    おかしいですね
    頭おかしいですね
    誰がのこゲームつくったんですかね
    ゲームでストレスたまるってすごいですね

  21. 匿名 より:

    クソゲー
    開発者し

  22. 匿名 より:

    修行ミッションおかしくないですかね
    何で相手は一発当てたら私は死ぬのでしょう
    こっち出ても160ダメ
    2000ダメ出るて推奨レベルより上ですね
    死んだらいいのに

    • 匿名 より:

      面白さ

      10

      操作性

      8

      音楽・BGM

      10

      グラフィック

      9

      やり込み度

      10

      めっちゃ面白い!
      とにかく達成感の連続でボスはもちろん雑魚も強いので苦労はしますが、めちゃ気持ちよくなれます😆

  23. 匿名 より:

    面白さ

    8.5

    操作性

    8.5

    音楽・BGM

    7.5

    グラフィック

    8

    やり込み度

    9

    まじで面白過ぎる

  24. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    4

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    5

    やり込み度

    0.5

    ボス並みの攻撃力の雑魚大量配置
    ストレスしか感じません

  25. 匿名 より:

    面白さ

    2

    操作性

    1

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    7

    やり込み度

    5

  26. 匿名 より:

    面白さ

    0.5

    操作性

    0.5

    音楽・BGM

    3

    グラフィック

    6

    やり込み度

    7

    前作は仁王の道で挫折。本作は30時間ほどプレイしました。
    感想としては、まず、メリハリがない。
    道中の敵は高硬度高火力なうえトリッキーな動きで常に緊張感があるが、逆に言えば疲れる。
    しかも、ミッション一つ一つが長く、そして単調で飽きる。
    ボスに到達するころには疲弊しきっており、ボス戦でウンザリする。
    前作から調整の粗さが指摘されていたが、改善されていない。
    また、本作は2作目であるが、初代から進歩した点がない。
    妖怪技や新武器の追加があるが、初代からのアクションはそのままで、単に新要素を追加しただけ。
    端的に言えば「2」ではなく「1.5」程度の内容。
    むしろ新要素が増えたために操作が煩雑になり、今作から購入した者は操作に慣れるのに苦労しそう。
    評価できる点はグラフィックとハクスラのやりこみだけ。

  27. piiii より:

    面白さ

    8.5

    操作性

    7

    音楽・BGM

    4.5

    グラフィック

    6

    やり込み度

    8

    確かに数の暴力で理不尽さ感じる場面もあったけど、何度かチャレンジ繰り返してたら、先にこっちを倒してから、、、とか色々試してる間に意外とあっさりクリアできたりする。

    ちゃんと敵を観察して、相手毎に戦い方を変えて進んでいけばボス戦除けば戦闘自体では落命する事はほとんど無くなる。

    バランス悪いとか良く意見みるけど、たぶんゴリ押しで戦ってるんだろーなーと

    敵のパターンと対処分かってきたらほぼ被ダメしない

    こんなん無理ゲーやん
    って感じた後クリア出来たとき達成感は気持ちいいし
    キャラ強化、ハクスラのやり込みも楽しい

    最近出てるゲームでは飛び抜けて面白いと思う

  28. あんへる より:

    面白さ

    6

    操作性

    7

    音楽・BGM

    2

    グラフィック

    9

    やり込み度

    6

    ソウルシリーズや仁王1を一通りクリアした上で、今作の感想。
    シナリオがソウルシリーズに比べ長すぎる。ステージが多いのを良い点という人もいるだろうが、後半になるにつれバ火力かつ怯まない妖怪さん達が物量で攻めてくるので途中で萎えてくる。敵の数が多ければ難しく感じるでしょ?という姿勢は1から大して改善されていない。ボスの火力も酷い、正直ボスの火力の異常な高さは仁王1よりも酷い。

    ステージ適正レベルより5以上レベルが高く、ちゃんと全身適正レベル以上の防具で戦ってもボスが1発で6割とか平気で減らしてくるのを見ると、バランス調整が適当すぎるとしか思えない。

    鍛冶屋システムも相変わらずぼったくりが酷いし、まともに利用させる気ないのも気になる。

    総評として、相変わらずのバランス調整ガバガバな劣化ソウルライクゲーに落ち着いた印象

    唯一ソウルシリーズを上回ってる個所としては、キャラクリエイトのクオリティの高さがあげられる。

  29. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    7

    音楽・BGM

    8

    グラフィック

    8

    やり込み度

    3

    「歯ごたえの有る難易度」と「嫌がらせ」の区別がついてないゲーム
    プレイヤーをイラっとさせるセンスだけは図抜けて凄いと思う
    ボス部屋で細かい突起を置いてわざわざローリング時引っかかるようにしてたりするのがほんとに酷い
    ボス自体の攻撃も狭い部屋で判定広い攻撃ブンブンするかアホみたいな吸い込み判定の有るロック技使ってくるかホーミング弾打ってくるかしか無い
    それやれば難しくなるけど面白くはないよね?って要素のオンパレード
    攻略は攻略で一度覚えれば一切苦戦しない、脳死パターンを繰り返すだけで終わる
    なのでステージクリア後は達成感より幼稚な嫌がらせを切り抜けた徒労感の方が大きい
    まるで子供が調整したような印象を受ける
    世界では今作は前作程売れてないようですが納得の出来
    誰だって金払ってまでイライラしたくはない
    ただこのゲームをやるとダクソ・ブラボ・SEKIROが如何に良いゲームか実感できたのは良い点だと思った
    あちらで理不尽に感じた要素なんてこちらから見たら誤差みたいなもんです

  30. キルア より:

    面白さ

    1

    操作性

    1

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    5

    やり込み度

    5

    常闇いならい。常闇のせいで強敵と殴り合う感覚がないから倒してもいまいち達成感少ない。面白さよりストレスの方が勝ってるかな。

  31. 匿名 より:

    面白さ

    9

    操作性

    7.5

    音楽・BGM

    6.5

    グラフィック

    6.5

    やり込み度

    9

    俺はめっちゃハマったかな!
    死にゲー初心者でも楽しめたから!

  32. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    7.5

    グラフィック

    7.5

    やり込み度

    0

    難しすぎてつまらない。サポートの”まれびと”の機能はplaystation plus(有料)に加入しないと使用できない。BGMやグラフィック、ストーリーはいいかもしれないが、結局ゲームが先に進めないので全然楽しめない。他のゲームを購入すればよかった。

  33. 匿名 より:

    難しいイコールクソゲーと言う言い切り方は可笑しいと思う。
    メーカーも死にゲーと明言をしてるので、死にゲーと分かっていて購入してクソゲーでしたと後悔しても後の祭り。
    ただ、ダクソやブラボ等の死にゲーとは異なる異質なゲームである事に変わりはない。
    更にオンライン専用タイトルの宿命である過疎化に寄る人口の減少により、ソロでクリアが難しいと考えているユーザーには、この徹底したユーザー殺しはストレス以外の何物でもなく、前作の感覚で購入すると痛い目を見る事となる。
    個人的には、落命パレードの様なお祭り感覚の呆れた風習の方が人間性を疑いたくなるし、本来ストレスに感じる事をお祭り騒ぎしてる人間の感覚の麻痺が時代の恐ろしさすら感じる。
    とある動画で障害物を利用して一定の場に止まる滞空攻撃を利用して、障害物を敵と挟むように逃げながら滞空攻撃を仕掛けて逃げてダメージを与えて倒す等の異様な光景の動画を見た。
    結局は、普通に戦っても勝てないから、そんな姑息な手段に至る訳だが、それを当たり前感覚で見出だす事に慣れる時代にも恐ろしさを拭い切れない。
    【気持ち良く死んで頂く】一見するとゲームの本質を射拭いた売り文句だが【快楽死に置き換える】【気持ち良く殺してやるから楽しめよお前等】的発言とも取れる言葉を購入者側も売り手側も何の違和感も感じることなく受け入れる怖さが逆に恐ろしい。
    【これは、そういうゲームで現実ではない】と言う常識やモラルを理解出来ている人間ならまだ救いはある。
    しかし今の時代、主人公を含む登場人物全員死亡、鬱と認知される物をお祭り騒ぎで名作と担ぎ上げる信者や大手メーカー。
    異常な犯罪が多くなった時代を生み出した要因の1つに、この人の心のモラルを崩壊させる風潮が人としての価値観を変えている事に恐ろしさを感じる。
    大げさではない、フィクションがフィクションである事を理解出来ない、錯覚する人間が過去に異常な犯罪を幾度も起こしている。目の前の異常事態に無気力な烏合の大衆も然り。
    自分自信の人間的モラルすら欠如した人間が多い時代に、落命ハッピーは個人的には受け付けられない。
    【理不尽やストレスをカネで買いたい】なら敢えて止めないが、人間としてその神経は近寄り難い。
    シブサワはマインドコントロールで、どんなユーザー志向を生み出したいんだろうな?
    【みんな死んでハッピー】みたいな感覚を無くした無気力人間がお祭り騒ぎしてる【頭がお花畑の人間】でも製造したいのだろうか?
    【頭がお花畑の馬鹿共はお祭り騒ぎでハッピー】【俺はタブーの壁を砕いて一儲けしてハッピー】でもしたいらしい。
    流石だなシブサワ。

  34. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    2

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    6

    やり込み度

    5

    最後まで一通り遊んでみたけどキャラクリとストーリー以外に褒められる部分が無いかな

    • 匿名 より:

      面白さ

      0

      操作性

      0

      音楽・BGM

      0

      グラフィック

      10

      やり込み度

      0

      前知識が全く無く買ったライトユーザーです。
      ライトユーザーが手を出しては駄目なゲームです。
      コーエーテクモの◯◯無双的な物やカプコンのドラゴンズドグマ的な物と勘違いした私が無知でした。

      死にゲーとやら?
      そんなジャンルすら知らなかった、

      ライトユーザー視点ではクソゲー。

  35. 匿名 より:

    面白さ

    3

    操作性

    6.5

    音楽・BGM

    5

    グラフィック

    8

    やり込み度

    3

    良い所
    ・キャラ作成でゲーム内でも作成時のクオリティでプレイできる
    ・武器の技やアクション面がテクニカルからパワーまで豊富
    ・敵の火力が高い分、スタミナ管理やガードや回避の大切さが分かる
    ・日本史好きだと結構ハマる

    悪い所

    ・全体的にほの暗く足場が見えない為、落下多すぎる
    ・ガードは大事と言ったが、雑魚敵の火力が理不尽極まりない上に、数の暴力や狭い所にでかい敵を配置する頭の悪い理不尽を「高難易度(笑)」扱いは極めて不快
    ・AIがただの的 しかもすぐ倒れる癖に、毎回消費アイテム求める
    ・後半はこの悪い所を全て凝縮した悪夢の様なステージ 純粋につまらない
    ・自分は気にならなかったが、一部声の配役が…

  36. 匿名 より:

    面白さ

    9

    操作性

    7.5

    音楽・BGM

    9

    グラフィック

    8

    やり込み度

    10

    仁王1の方が難易度は遥かに上。2はやりやすい。SEKIROみたいな死にゲーと思ってる方はそうではないと伝えたい。あれとはまた別の死にゲー。
    アクションもやりこみ要素も難易度もいい感じ。ストーリーもそこそこ面白い。個人的にめちゃくちゃ良ゲー。
    ただ、最後のストーリーの構成は批判くらうだろうなって感じで残念。1のDLC知ってないとわからなくなるなら、そこは2のDLCにしてほしかった。

  37. 匿名 より:

    面白さ

    1

    操作性

    0

    音楽・BGM

    3

    グラフィック

    5

    やり込み度

    3

    残心駆使しないとスタミナがもたない。
    常闇は通常デメリットは多いが妖怪技に対する緩和が上昇する。
    しかし問題なのは、これ等を即時出せるようにして置かないと、この二大要素に悩まされる事になりストレスを抱えるだけのゲームになる。
    また、道中の雑魚ですら体力が低い中盤辺りまで一撃必殺の攻撃をしてくると即死する事も多い。
    しかし、その一撃必殺の攻撃に対してカウンター技を当てると敵はダウンして、プレイヤー側の一方的な殴りタイムが発動出来る。
    とは言え、こちらも中々思う様にはいかない部分も多い。
    前作以上の操作性のシビアさ、難しさが今作を更にストレスを盛るだけのゲームに変えているのも事実。
    敵の配置や攻撃行動のイヤらしさ等も悪名高い今作。
    難しいと言うよりゲームを作った人間の性格の悪さを感じさせるゲームと思わせる程、ストレスを感じてしまう事も多いと思う。
    最終的には慣れる事が全てなのだが、慣れる前にストレスを抱えると、仮にクリアしても二週目をプレイしたいとは思えない程に疲れる、脱力感を覚えるゲームになる可能性もあるゲームな気がする。
    気持ち良く死んで頂く?些かオツムのネジを疑いたくなる売り文句ではあるが、対応策は有っても操作の難しさが邪魔をして瞬時の対応が難しい仕様だったりする所に敵はお構い無しにストレスを与える行動を連発してくる。
    このバランスが、今作の肝になっている気がする。
    ちなみに、人間は死ぬ事を想定した道を幾重にも張り巡らし脱出出来ないループに陥ると多大なストレスを抱える。
    そのストレスをストレスと感じ取れる内は良いが、ストレスを快楽と勘違いし出すと錯覚が生じる感覚に囚われる、一種の麻薬効果を意識的に脳内に作り出してしまう。
    物事の善悪や常識非常識の分別を正常に認識する感覚に支障を与える要因にも成りかねない。
    本来感じるストレスを快楽や快感と感じるなら注意が必要だ。
    純粋に、このゲームが不快なストレスと感じるなら素直に辞めた方が自分自身の為であると思う。

  38. 匿名 より:

    面白さ

    0.5

    操作性

    5

    音楽・BGM

    0.5

    グラフィック

    10

    やり込み度

    5

    前作の方がやりごたえがあって面白かった反面、今作は開発が守りに入ったのか諸々と稚拙な調整が目立つ
    まず、サブミッションに猿鬼のような中型で硬い雑魚を複数配置するものが多い
    メインでもちょくちょくこの手の状況を強要してくるんだけど、はっきり言って雑の一言
    それで難易度の上昇を図ってるつもりだろうが面倒な手順が増えるだけで強敵を相手に一対一の正々堂々とした攻撃を見切るだとか面白味がない
    それと使い物になっていない妖怪化
    前作の九十九武器に変わるシステムだけど、制限時間ではなくゲージ管理で変身時間を維持する仕様、被弾はもちろん、攻撃、回避、なんのアクションをしてもゲージが減るため、カッコいい演出を見た直前に変身が解けるのもザラにある。間抜けな開発はちゃんと調整したのか?
    反妖という主人公の設定が見事に落命している
    マップもショトカを開通したところでスタート地点に戻るパターンが散見されてダクソやブラボ、隻狼のような探索の楽しさも薄い
    マップに関しても前作の方がまだ頑張ってたぞ

    総評:明らかに前作の水増し部分と既視感のあるマップを許容できて戦闘も対して面白くないソウルシリーズの劣化が遊びたいヤツにオススメ

  39. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    2.5

    グラフィック

    7

    やり込み度

    0

    雑魚含む敵の強さが序盤から、と言うか最初からキチガイレベル。
    敵のパターンを読んで~とか言ってるアホ多いけど、まれびと呼んでも普通に即死して床ペロしてる使えない奴も多い。
    マルチにすると初見の時より3倍以上強くしてないと一番最初の桜渦村すら即死レベル。
    身の程知らずが来て勝手に突撃して満足にダメージも与えずに床ペロされるだけお猪口の無駄なので中途半端な強さで来ない行かない方がマシ。
    動画配信者の2周目動画を観ても、その程度で本当に実力クリアしたのか?とも思える奴が、よく2周目動画配信してる。
    カウンターすら出さないでスタミナ考えずにガードして固まったままスタミナ切れて床ペロとかしてる配信者をよく見掛ける。
    このゲーム面白いとか敵の動きを見ろとか言ってる奴のほとんどが当てにならない。
    本当の実力者なら、そんな簡単な捨て台詞だけで高評価しないと思う。
    と、一番クソなのが妖怪化。
    売りのひとつなのに、変身後自分の耐久力が体力でありスタミナでもあると言うクソシステム。
    敵から受けるダメージは相変わらず異常に高いからどんどん耐久力が減らされるし、一番問題なのは自分が攻撃を出しても耐久力が減る。
    振り回しの大きい敵や手数の多い敵と乱戦になると、ものの数秒で妖怪化が解けてしまう。
    気が付いた時には、既に手遅れと言う場面も多々ある。
    オープニングの様にカッコいい物ではない。
    妖怪化しても受けるダメージ量はかなり高いし、火力も想像する程高くないので変身したから起死回生のチャンスにはならないレベルの【なんちゃって変身】みたいなジョークレベル。
    結局は変身してもヒット&ウェイに変わらない。
    さぁ、強くなって2周目の周回プレイを始めよう!
    とんでも御座いません!
    敵もちゃっかり、更に強くなってます!
    こんなゲームの何処が面白いのか、ただ面白いしか言わない雑魚信者君達、具体的にどの部分が面白いのか、解りやすく教えてくれ。
    理由も言わずに、ソースを挙げれない所でただ面白いとか言われてもね。
    それ面白い理由になってないぞ?
    何が【気持ち良く死んで頂く】だよボケ。
    ただ【嫌みしか感じない理不尽な殺され方】の何処が【気持ち良い死に方】になるんだ?
    そもそも、こちらが行動をした時に敵が反応するんじゃなくて、こちらの行動を促すコマンドの入力の内容に合わせて反応する計算され尽くされた動きをする敵の何処が面白いんだか意味が理解出来ない。
    このゲームに出てくる敵、妖怪も人も全ての敵が隙の無い超射程、超リーチ、超広範囲で最速スピードの攻撃をしてくるのに、人智を越える力を持つ主人公がもっさり、仲間として召喚するNPCは、他ユーザーを呼ぶよりもコストが高い割には、火力は低いしただのサンドバッグ。
    敵程の知力も機動力もない。
    これをクソゲーと言わずになんと言うのか説明してくれ。

  40. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    2.5

    グラフィック

    7

    やり込み度

    0

    フレも購入したから一緒にやってみたけど、初見の時に受けたダメージ量と初見の時の3倍近くある体力(当然LVも80越えてる)の時に受けたダメージが、ほぼ変わらない。普通に考えて、体力だけで考えても3分の1のダメージにならないとダメなのに、なんで初見の時と受けるダメージがほぼ変わらないのか?
    そこに更に、防御力だけでも2000越えしててそのダメージだから、明らかに、まれびととして入ると補正が掛けられる糞システム。なので、強くなってる実感すら持てないクソゲーが仁王2と言うゲーム。しかも、全く同じ攻撃を初期装備で受けたフレのダメージ量とこちらの受けたダメージ量が割合としてほぼ同じ位の減り方になっている。唯一フレと違いを感じるのは攻撃力位だった。自分がホストの時の敵の強さと、まれびととして入る時の敵の強さが明らかに違いがある。開発としては、お猪口を消費させたいとか無双させたくない等の意図があるんだろうな。結局、ストーリーをクリアしたら、ほとんどがまれびとなり、高難易度に挑む訳だから、どれだけ強く成長させても理不尽な死にゲーには変わらないと言う事になる。要するにゲームを続ける限り永遠にストレスとの戦いともなる。この手の死にゲーが好きな奴には良いが、少しでも理不尽と感じるなら、絶対に購入してはならないゲームと断言出来る。ダクソやブラボでも、成長させる意味を考えた作り方をしてる分野、本家の方がやってて明らかに面白いと言える。
    もう一度言う。この仁王2は理不尽でイヤらしいクソゲーだ。

  41. 匿名 より:

    ストーリーはまぁまぁ良かった。ても藤吉郎が糞野郎に成り下がった時点でお察しの展開には苦笑いしたかな?
    所詮、半妖のお前には解らない、とかそれを言ってはイケない事をサラッと言った時点でこの程度の男だったんや…となる。まぁ代償を受け入れる時点で先が見えてたんだがw
    詳しい話をするとネタバレになるので言えんけど、ストーリー的には、ちょっと切ない戦国絵巻だった。でもそれだけのゲーム。薄っぺらいストーリーだけに1万近く払いたい人はどーぞw
    肝心のゲーム内容は、上の書き込みしてる人達のほぼ言う通りなので無駄に時間を掛けて成長させる意味もないし、仮に神器を入手したところで状況が完全に変わる訳でもないから、死にゲーがストレスと感じる人にはオススメ出来ない。発売1週間しない内に中古店に中古が並ぶゲームと言う事を理解してれば、誰でもこのゲームが如何にクソゲーなのかが解る筈。
    信者の屁理屈、どの部分が面白いのかとかを具体的に言えないにも関わらずに、ただ面白いと言われてもまったく意味が解らない。他の人が言う様に理不尽で嫌みな死にゲー、ソウルシリーズの劣化版、やり込みしてもすべて無駄な努力の即死ゲーム。苦労して装備品強化しても神器を集めても理不尽な即死ゲームに変わりはない。
    これのどこが面白いの?w

  42. 匿名 より:

    最近、メインミッションを受けると明らかに周回プレイでまれびとを呼ぶ奴が居る。
    慣れてないとかなら分かるんだが、1人でサクサク一撃倒し連発してるのに、何でわざわざまれびとを呼ぶ必要があるのか解らん奴が結構居る。
    面倒臭いから慣れて立ち回りを理解出来てる奴は1人でやれよとか思うわ。
    本当、このゲームも糞なら脳筋信者も糞が多い。一々呼び出しして社の前て突然、追い払う馬鹿とかも居る。
    神器フル装備が気に入らなかったのか知らんけど、最近そんな奴しかマルチに居らんのが詰まらん。

  43. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    7

    グラフィック

    7

    やり込み度

    0

    クソゲーなのか?と問われると異論なくクソゲー要素は多大にある。
    しかし気が付くとはまっているゲームが仁王2だった。
    前作は主人公が牢獄を脱出して日本に流れ着いた所までやったけど正直飽きたかな?
    理由は簡単だった。【主人公が変な外人のオッサン】だったから。それに気が付いたのは今作をプレイして分かった気がする。まず自分のキャラを作れる要素は絶大だったのと、何よりも二章をクリアすると開放される鍛冶屋で、ある程度の好みの姿に変えれる所が個人的にモチベーションを維持できた魅力のひとつとなった。
    死にゲーは、何かと憂鬱になりがちになるから、自分なりのモチベーションを保てるモノが必要になる。自分は【ここがポイントだった】からクリアまでこぎ着けた気がする。
    世界観縛りの部分は多少残念な感じは残しつつも、中盤頃には装備品も揃ってくるので自分好みの姿が次第に形になってくる。
    元々死にゲーはデモンズやソウルやブラボはやっていたから嫌いなジャンルではなかった。
    ただ、先程も言ったが、死にゲーとは【こんなモノた】と割り切れる人には問題なく受け入れられるが【普通の人には苦行に感じるゲーム】だと思う。
    誰しも負けて気分が良いと感じれる訳がなく、寧ろ悔しさが募るし回数が嵩むと悔しさがストレスにつながり、遂には投げ出してしまう。
    勿論、逆に死ぬ事に免疫が付いた人間にも問題はあるので、死ぬのは素直に嫌だ!と精神的に拒絶出来る内に投げ出すのが普通の反応とも思える。
    自分は【ゲームに過剰な欲求を求めない】人間なのでゲームに求める物は如何にしてモチベーションを保てるモノをゲームから見出だせるのか?と言う事を常にゲームに求めてプレイしている。【このゲームには自分が求める物はない】と感じれば有無無く即売り飛ばす。
    ソコに未練を残すのは嫌いだし、ダラダラやったところで作業にしかならない。
    【ゲームは楽しめてこそ価値がある】価値を見出せないゲームに何の意味が在るのか?
    ここで苦行を呈している人達や素直に面白いと手放しに楽しめる人達に考えて欲しい事がある。
    【ゲームは遊びであり逃避の場ではない】苦行と感じるなら【それは人として素直な精神の表れ】であり正しい物の考え方である。
    【死んで当たり前】【死ぬ事に快楽を感じる】なら【時に現実と向かい合い】死ぬ事の意味を軽視しない正しい物の見方を思い直して欲しい。
    【ゲームは遊びであり逃避の場ではない】ストレスを抱えて遊んでも意味はなく、遊びと現実を履き違いしては精神的に危険な考え方を感覚として植え付ける事に繋げてしまう。
    過去にこんな犯罪者が居た。
    【ドラマや漫画の主人公、ゲームの主人公は相手を殺しても英雄になったり正義のヒーローになるのに、なんで自分が悪い奴を殴ったら警察に捕まるんだ?】
    この犯罪者の恐ろしい所は、精神的に何の問題もないごく普通の人間だった。
    精神的異常も検知されない人間が何故、フィクションと現実の区別を付けれなくなったのか?
    かつて、とある心理を語った人道教があれだけの犯罪を犯しても自分達がした罪を罪とも思えない、考えられない、精神的な麻痺を人間の欲求は受け入れてしまう。
    勘違いとは恐ろしい物、特に現代ではゲームは大人から子供まで広い年齢層に親しまれる文化になった。
    【一歩考え方を間違えたら恐ろしいゲームが死にゲー】人間は死んだら二度と生き返らない。
    現実とフィクションを履き違えない精神を保ちつつ、時に現実に帰り心にゆとりを与えてあげましょう。
    死ぬ事にストレスを感じれる人間は物事の本質に素直な精神を強く保っている表れ。
    その気持ちを大切にしましょう。

  44. 匿名 より:

    面白さ

    0

    操作性

    0

    音楽・BGM

    7

    グラフィック

    7

    やり込み度

    0

    仁王2は無印よりは緩和された部分は幾つかある。
    無印の敵の配置や敵の攻撃等、理不尽やヤラシイ部分はそのまま継承されてるから、どっちもどっちではあるけど、例えば、海に落ちて死ぬ河童とかあり得ないだろ普通みたいな部分が、仁王2の敵の動きが、わざわざ水辺の奈落よりに逃げるとかして少しでもプレイヤーに素材を渡さないとか隙在らば奈落に落とす様なヤラシイ行動を取ってくる。
    作り手が同じなら、どれだけ進化しました!と意気がっても根っこは変わらないんだよなぁ。
    推奨LVよりもふた周りほど上のLVで血塚も1と言うクエストでも、いきなり一撃で体力の半分以上持って行く雑魚とか普通に居るのが既にRPGにする意味がない。敵のスタミナ切れ後の異常な回復速度、と言うか完全回復する前にモーションキャンセルして反撃してくる敵とか、プレイヤーにはそんな最良仕様はない事を敵はしてくる。この何処に、気持ち良く死んで頂く要素が在るのか教えてくれシブサワ君。
    少なくとも、この理不尽なバランスを解消すれば、少しは無印よりはマトモなゲームにはなるだろうなと思う。努力してLV上げるんだからLVや装備に見合ったバランスを考えろやボケ。
    クソゲーのコードヴェインでも、今やワンパンマン仕様になってる御時世なのに、成長を強要して成長を無視する様なクソゲーは、即飽きられるよシブサワ君?
    まぁコードヴェインもワンパンマン仕様でもイオ生存ルートがないならやらないけどな。

タイトルとURLをコピーしました