スポンサーリンク

映画『海獣の子供』|感想 評価 レビューまとめ

映画『海獣の子供』 映画感想
この記事は約9分で読めます。

2019年6月7日より上映開始された映画『海獣の子供』の感想・評価・レビューをまとめました。

高評価と低評価に分類しているので「海獣の子供」を見てみようか迷ってるいる方は是非参考にしてみてください!

また、皆様からの評価・感想のコメントも募集していますので実際にご覧になった方はコメントください。

---------スポンサードリンク---------

 

ストーリー

光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。
巨大なザトウクジラは“ソング”を奏でながら海底へと消えていく。
<本番>に向けて、海のすべてが移動を始めた―――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきかっけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く彗星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。

“海と空”が超常現象と関係していると知り、彼等を利用しようとする者。そんな二人を守る海洋学者のジムやアングラード。それぞれの思惑が交錯する人間たちは、生命の謎を解き明かすことができるのか。
“海と空”はどこから来たのか、<本番>とは何か。

これは、琉花が触れた 生命 いのちの物語。

 

作品情報

スタッフ 原作:五十嵐大介「海獣の子供」(小学館 IKKICOMIX刊)
監督:渡辺歩
音楽:久石譲
キャラクターデザイン・総作画監督・演出:小西賢一
美術監督:木村真二
CGI監督:秋本賢一郎
色彩設計:伊東美由樹
音響監督:笠松広司
プロデューサー:田中栄子
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:「海獣の子供」製作委員会
配給:東宝映像事業部
キャスト 安海琉花:芦田愛菜
海:石橋陽彩
空:窪塚愛流
安海正明:稲垣吾郎
安海加奈子:蒼井優
先生:渡辺徹
デデ:富司純子
上映開始日 2019年6月7日
公式ツイッター https://twitter.com/kaiju_no_kodomo?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 

 

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2(『Children of the Sea』 Official trailer 2 )

 

みんなの評価・感想

海獣の子供を見た皆様の評価や感想のコメントください!!

新ゲーム伝説
レビューの平均:  
 1 レビュー
by on 新ゲーム伝説

映像美は素晴らしい。が、もう一度見たいかと言われたら見ない。レンタルで十分。MVで期待値を上げられた分、ガッカリ度が大きかった。やはり原作が一番。

この作品を評価する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

Create your own review

 

満足度調査アンケート

映画『海獣の子供』の満足度を教えてください

 

高評価の感想(面白い・神アニメ)

GOOD

海獣の子供を見た感想としては、
⚠︎原作は一巻のみ読んだ
・米津さん好きは絶対に見るべき
・絵が綺麗すぎ、細かい、すごい
・映画あとのエンディングで歌詞の意味がわかって泣く
・言葉にできない
・綺麗、すごい、
・いや、絵と曲、
・とりあえず見て
・見ろ!!!!!!!

 


 

『海獣の子供』よくこんな映画作り上げたなというのが最大の感想であり最大の褒め言葉なんだけど、五十嵐大介が100年くらいかけてひとりで全ての作業をしたのではと思うくらい表現の統一感があって、とんでもない完成度だった

 


 

海獣の子供 感想
まず驚くのは作画しかりCGしかりの映像の密度、そしてキャラクターのお芝居のこれでもかと丁寧かつダイナミックに動かす姿勢。これはなんて贅沢かつ豪華なアニメーション映画なんだろうと思った。

 


 

『海獣の子供』、神秘的というより不気味。急にサイコホラーみたいな絵面になったりするの好き。

 


 

海獣の子供見終わった!
海洋生物と虫さん好きにはたまらない内容だった
つまり大満足♪

 


 

映画「海獣の子供」
凄かった。原作の大ファンやけど、それと同じくらいの熱量で映画もすごかったし、大好きになった。こんなことは初めてかも知れん
「本番」の映像が、凄すぎて、、好きなシーンが山ほどあった。

 


 

朝一で『海獣の子供』観て来ました
一度観たくらいで受け止める事が
出来ないくらい壮大な世界観でした

主題歌の『海の幽霊』も観る前と
観た後では伝わり方が違って
さらに好きになりました

また観に行こうと思います

 


 

海獣の子供、めっちゃよかったー!
原作は読んでいませんが、1本の映画としてとてもよい…。
芦田愛菜ちゃんの演技が上手い…好き!
取り敢えず原作漫画を買おう。

 


 

海獣の子供見ました。
これは映画館で見なきゃいけないやつ。映像作品的に凄い。海と光の作画がとても輝いてる。夏のアニメだって感じ。
あと芦田愛菜が単純に凄い、天才子役って呼ばれてた演技力は伊達じゃあないっすね

 


 

海獣の子供見ての感想(?)

正直、言葉にできないや。
世界観というか、テーマが壮大すぎて、全部理解するにはあと5~6回は見ないとやね。

あと、この映画の世界観を曲に出来るとか、米津さん凄すぎるわ😆😆😆

 


 

映画の感想は俳優さんたちが
上手い!芦田愛菜ちゃん、
稲垣吾郎さん、蒼井優さん この三人はエンドロールにでるまでわからなかった。イメージ通りでした。

 


 

まず、絵が物凄いです。それぞれのカット全てが一枚の絵画として成り立つレベルで、久石さんの音楽と繊細な映像が次々と迫り来るので、一気にいろんな情報を得ようともう頭はフル回転。2時間で全エネルギーを使い果たした感じでした。

 


 

海獣の子供、今まで海のアニメーションはいっぱい見てきたけど本当に自分が潜ってるように感じたのはこれが初めてだ〜 感想がそのまま最後らへんのあの台詞になるね

 


 

『海の幽霊』の歌詞、音楽、歌声、全てをなぞりながら”海獣の子供”という映画を堪能してきました。こんなに集中して見た映画は初めてかも。

素晴らしい映像と音楽でした✨

すべてを分かった訳ではないけど、「なるほどな〜そういう事か〜」っていうのが今の感想です…𓇼𓆡𓆉 ⋆

 


 

 

低評価の感想(つまらない・ガッカリ・残念)

BAD

海獣の子供感想
・物語が難しいので子供向けじゃない
・テーマが割と壮大
・絵が綺麗(特に海の生物、水、宇宙、光)
・芦田愛菜の演技が上手
・絵がすごいけど物語が中々進まなくて飽きてきてしまう
・空くんの演技が周りの人に比べて少し…って感じ
・主題歌は映画を見てから聴くと100倍良い曲になる

 


 

海獣の子供、ヤバすぎる映画でした。
ストーリーは訳わかんないです。多分100回見ても分からん。

 


 

海獣の子供見てきました!´ω`*
水中の作画はpv通りヤバかったですカタ:(ˊ◦ω◦ˋ):カタ
ただ、内容が難しくてあんまりわからなかった( ;∀;)原作買って色々考えてみよ、、

 


 

『海獣の子供』観てきた
圧倒的な映像美と音響
観る人を選ぶ映画ですね、
自分は残念ながら選ばれませんでした
原作読まないとダメなのかも

 


 

観てきた!残念!
エピソード切られまくってて其々の立ち位置が分からなくならないか?表現も変わってるからエンディング後のチョキンのシーンもしっくり来ない。原作通りは無理なんだろうけど…。私的に主人公は琉花じゃないから原作通りの最後が良かった。

 


 

海獣の子供見てきた 駄目だ 全然駄目 無理 納得出来ん

 


 

皆様のご意見ご感想をお寄せ下さい

感想はこちらをクリック

---------スポンサードリンク---------

 

 

 
《参照》
twitter

コメント

おすすめ記事

タイトルとURLをコピーしました